私はそういう人間です~イッツ・ア・スモールワールド~世界にひとつだけの鼻

自分で頭がおかしいのかなぁと思うことはしょっちゅうあります。

なぜか?

ひとりでものすごくたのしくなってしまうことがあるから。

何もしていないのに。

テレビもついていないのに。

ラリってないのに。

6畳の空間が宇宙そのものになる。その中心ですごくたのしくなっている自分がいる。

たまに子どもがひとりでケラケラ笑っていますが、あの感じあの感じ。

子どもじゃなくても、いいおとなの自分がそうです。

 

たぶん、自分の中の命が爆発しているんだと思う。

私は、何もない部屋に、ずっとひとりでいても大丈夫な人間です。

いつの間にかイイ歌が聞こえるなぁと思ったら、自分の鼻歌だった。そういうことがしょっちゅうあります。

自分の鼻歌は『世界でひとつだけの鼻』なんですが、誰か共感してくれませんか?ナンバーワンにならなくてイイんで。

 

音楽も人の話もめったに聞かない。

他者のワールドも共有しない。

ワールドカップはおろか、テレビも見ない。

私がDカップなら世界は変わっていたかもしれない。

でも私はイッツ・ア・スモールワールド。

小さな世界に住んでいるのです。

他者のワールドが雑音なんです。

 

天上天下唯我独尊。

カッコイイ言葉。意味はわからないけれど。

どんな意味か考え続けて、6畳の部屋でニヤニヤしている。私はそういう人間です。

いきなりググらないで、楽しみは取っておく。

そしてひととおり想像を膨らませて、最後に膨らませてすぎてどうでもよくなる。

ググるのもやめて、おもむろにコーヒーを淹れます。飲みます。片付けます。

そしてひとり、この世に何しに生まれてきたのかを悟ります。

この一杯のコーヒーを啜りに来たのだと。

ここに立ち寄ったのだと。

ちょっとだけ。ちょっとだけよ。

乙姫様の囁きに騙されて幾歳月が流れました。もう還りたいよ。さすがに還りたい。

ひとり6畳の何もない、無音の空間で、ワクワク自分の命を膨らませるためにきたのだと悟らなくてもうイイ。

もう十分だ。

もう十分にコーヒーは飲んだよ。

次のコーヒーは無い。

人生におかわりコーヒーは存在しない。

ほろ苦い。

意味なんて考えなくてイイ。

いつのまにか鼻歌を口ずさんで、世界にひとつだけの鼻になる。

 

 

2 件のコメント

    • 杉山様

      コメントありがとうございます!
      誰かと共通項があればうれしい限りです。

      その時々でいろんな自分がいます。
      その様子をこれからもリアルに表現していきたいと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です