女子だけど攻めてみた!~ひきこもり大学の教授をハンティング~メンヒラ・ヒラノ氏の巻

ひきこもり大学の脳内構想はあるものの、まだ実際の教授はゼロ人‥‥。

ひきこもり体質だから頼れる友もいないし‥‥。

そんなことを考えつつ、いつものように夕食後ツイッターをアンニュイに眺めていると、

こちらの情報が流れてきた―

 

キタ!キタキタキターッ!

目がマジマジマジー?て開いたよ。

これは、岡山県で活躍するブロガー、❝メンヒラ❞でお馴染みのヒラノさんではないですか!?

東京に来るって?

岡山在住がゆえにめったに会えない人だけど、めっちゃ面白い&変態なブログ書いてるって知ってたよ~。

こちらがヒラノさんのプロフィール記事↓

プロフィール

IT関係の会社の激務がきっかけで鬱になって、トイレで走馬燈体験しちゃったっていう、超絶レアな経験を持つ逸材。

これは会うしかないでしょ!?

面識一切ないけど、

語るよ!語る!語っちゃうよ~!

ぜんは急げでツイッターでダイレクトメッセージを送りました。

会いたい。会いたいんですけど。会いたいい~

そしたら、OKってことで、即日会うことに。

普段はかなり緊張し~&内向的なのに、別のスイッチが入ると突撃しまくり&脅威の外向性を発揮する私。

 

 

今回、なぜその別のスイッチが入ったのか‥‥?

 

 

ブログを読むと、ヒラノさん独身で彼女募集中らしい‥

それに、❝付き合うことさえスッ飛ばしていきなり結婚からはじめてもいい❞みたいなことも書いてある!ふむふむ

斬新~!

 

拙者ものぞむところでござる。

 

talk&talk&talk&talk&fall in love?

 

ヒラノさんのモテっぷりはこの記事で分かるー

【モテ案件】都会でモテない男達、それでいいの?僕が岡山に来て4日で女性を紹介してもらった話

↑モテていながら妥協を許さないヒラノさん。こういう男はモテる

走馬灯体験から鬱の思考パターンを変えてみた

↑もはや、超人。神に選ばれし人間である説が浮上。こういう男はモテる

中国九州ツアー開催!うつ病&ニート&ひきこもりに僕から会いに行きます!

↑ナイスなアイデアと実行力!こういう男はモテる

 

うぬ、お主、間違いなくモテるな?

 

モテ男への攻略法を密かに練ってみた

ヒラノ氏はおそらくかなりモテるので、攻略法を真剣に考えてみました。

まぁ、人との出会いなんか一期一会です。

会った瞬間にビビッとくるかこないか、それが大事でしょう?

それはつまり‥‥

見た目が9割!

ということ。

明日の会合を前に、私は行きつけの高円寺の美容院に電話を入れました。

私「あの~。急で申し訳ないんですけど、これからカットとパーマをお願いしたいんですが」

店長「あんら~、にゃん吉さん?ごめんなさいね。実は今日、高円寺の阿波踊りなのよ。お店はやっているんだけど、たぶんたどり着けないと思うの~」

私「えっ?どういうことですか?たどりつけない?!だって駅からお店まで、ふだん歩いて3分位ですよね?」

店長「それがね、このお店の前が阿波踊りのメイン通りなのよ。だから、駅からお店まで歩いたとして、最低でも40分以上かかるわ」

私「マジっすか?」

店長「そうよマジ。マジなのよ。行きは何とかお店まで来れても、帰りはもっと混むから帰れないかもしれないわ」

私「げっ!」

店長「まあ、なんならココ(お店)にあたしと泊まってくれても構わないけど」

私「げげっ!それはちょっと‥」

店長「あら、なによ」

私「すみません。またの機会にさせてください‥」

店長「あらそうお?ホントごめんなさいね。じゃあまた今度、お待ちしてま~す!」

撃沈!この時ほど、高円寺の阿波踊りがどうでもよいと思ったことはありません。

というわけで、明日の会合はボサボサヘアでヒラノ氏と会うことが確定。

ガックリ‥‥

でも、店長(担当さん)と一夜を共にしなくて本当に良かった。

だって店長は見た目はオトコ、心はオンナのお方ですから。

そんな一夜はノーサンキュー!

 

独白

賢い女子の皆さんは、ふだんから

いついかなる時でも何かがあることに備え、みずみずしく

きよきよしくしていらっしゃるのでしょうか?

私は手を抜いてきたことをここに告白いたします。

神に誓ってこれからはいついかなるときでもみずみずしく、

きよきよしくあります。絶対です。

だから明日は3割増のかわいさに見えるように調整願います。

3割増だったらなんとかなると思うのです。

なんとか‥‥

会合当日の様子

仕事を終え、会合当日、待ち合わせをしていた自宅最寄駅に急ぐ私。

ここにも攻め女子の攻略ポイントがあることをヒラノ氏は知るよしもなかったー

攻め女子の攻略ポイント

  • 自宅最寄駅ということはヒラノ氏が帰れなかった場合、必然的に‥‥
  • 自宅最寄駅ということはお食事のあとによろしければ自宅で○○が可能‥‥
  • 自宅最寄駅ということは明日、市役所に○○届を二人で手を繋いで出しにいくことも可能‥‥
  • 自宅最寄駅ということは‥‥可能性が無限大に広がる最強の攻略が打ち出せる場所!!

 

待ち合わせの場所に現れたヒラノ氏の第一声はこちらー

「じゃあさっそくいきますか?」

じゃあさっそくどこへいくというのか?どこへ?ここから近いのは私の自宅だが‥‥

すべてをすっ飛ばしてそこへいくというのか?

さすがはヒラノ氏である。❝付き合うことさえスッ飛ばしていきなり結婚からはじめてもいい❞男の余裕。

クラクラしながら私は長身のヒラノ氏を見上げて思った。

これは、なかなか攻略しがたい獲物‥‥

今年狩猟免許を取得した者同士の絶妙な距離感と緊張感があたりを覆い尽くす。

ヒラノ氏

にゃん吉

互いの距離感を図りながら、どうでもよい話題をあえて話しながら、

イタリア料理店の重いドアを開ける瞬間さえ、全身で相手の動向を探る二人のハンター。

もうどちらが獲物かどちらがハンターかさえ分からなくなっていた。

というか、ここがイタリア料理店なのか狩猟地なのかさえ判別できなくなっていた。

気が付くと、料理は食べ、ワインは飲み尽くし、他の客全員がいなくなるまで、

二人の鳥獣ハンターは全身でお互いの動向を探りあっていたのである。

気が付くと、店主が真横に立ち、不機嫌に言い放ったー

 

「先にお会計いいですかね」

 

現実に戻された。

ここは、狩猟地ではない。

たいして料理を頼まないくせに長居してさらに空気を読まず居座り続ける客に

最期のねぎらいの言葉を忘れないイカした東京のイタリア料理店だった。

 

帰還

駅へ行くまでの道すがらさりげなく私は聞いてみた。

私「あの~。今日はどこに泊まられるんですか?」

ヒラノ氏「○○○○です。もしそこがダメでも○○○○に行こうと思っています」

ヤバいっ。鉄壁の守り。ツイッターでは泊まらせてくれるところはないかとつぶやきながらも

実際は付け入る隙を一切与えない、さすがは鳥獣ハンター。

 

完敗‥

 

夢は破れた。

そのあと躊躇なく駅の改札を通ろうとするヒラノ氏に最後の攻撃をしかけ、冒頭の写真が撮影された。

すなわち、食後のコーヒーに誘い、❝さいこーに美味しいねと談笑しながら飲む二人❞の写真である。

読者の皆様にご報告しよう。

ヒラノ氏は23時に駅の改札から帰還した。

私の自宅最寄り駅から終電の2時間前に。

最後にハイタッチを要望したのは私の方である。

あとでその手のにおいを嗅ぐと、ヌートリアのにおいがした気がした。

ゴーゴーにゃん吉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です