狩猟免許試験(第1種銃猟)~第2の男あらわる

狩猟免許試験(第1種銃猟)~第2の男あらわる

3夜連続の記事の今夜が最終回。

皆さま、どうぞお楽しみください!

ではではさっそく参りましょう。

まずは前回のあらすじから

狩猟免許試験(第1種銃猟)の試験会場で再会した、にゃん吉とスキンヘッドのお兄さん。

銃の操作方法の実技試験対策のため、掃除機の柄でつくった模造銃を使い、二人で復習を行うことに。

会場トイレ前の、2畳ほどのよく分からないくぼみスペースで真剣に復習を重ねる二人。

そこへ第2の男がやってきた‥‥!?

 

❝第2の男❞=otoko

にゃん吉とスキンヘッドのお兄さんにとっての特別なこの場所に、疾風の如くあらわれた第2の男(以降略:otoko)。

それは突然の出会いであった‥‥。

otoko「うわぁ~。すごいですね!それ、もしかして銃?ですよね。すごいなぁ。ちょっとこの辺で見ててもいいですか?」

私「いいですよ!どうぞどうぞ。ご自由に見てってください」

otoko「さっきお二人が外でやってるの見かけたんですよ。こっちに移ってきたんですか?」

私「はい。蚊がいたもので」

otoko「なるほどね。でも屋内で正解ですよ。近所の人が不審そうにお二人を指さして見てましたから」

私・スキンヘッドのお兄さん「(顔を見合わせ驚愕)えぇ!?マジっすか?」

otoko「マジです。遠くから見たら銃を構えているようにしか見えないし。通報されてもおかしくなかったかと」

私「えぇ~、夢中になってて全然気が付かなかったね」

ス「うぅ~、やばかったっスね」

私「真夏にフード付きパーカーとか頭からかぶってたら、そりゃ怪しいわさ」

ス「それは蚊が‥‥」

ー私とスキンヘッドのお兄さんとの間に一瞬不穏な空気が流れた。お前が悪いんだ‥いや悪くない‥お前こそ‥‥

otoko「(慌てて)いやいや、そうじゃなくても十分あやしかったと思いますよ」

私「もう屋内だし通報される心配もないからよかった。じゃあ続きをやろう!よかったら、一緒にやりません?」

otoko「(慌てて)いやいや、ここで見ているだけで十分です。お構いなく。ホントに」

私「そうですか?じゃあ続きやりますね。第3コースからやるから準備ね」

ス「ういっス!」

第1種銃猟・技能試験[第3コース]の概要

第3コースは、団体(3名)行動における銃器の保持及び携行並びにその受渡しを模造銃を用いて行う。

また、休憩の際必要な銃器の操作を模造銃を用いて行う。

採点は、減点式で行われ、70%以上の得点が合格

第3コースの各動作に対する試験官の声かけは以下のとおり

(順番がきたら、受験生3名は所定の位置に横隊に整列)

  1. 銃と弾を持ち、所定の位置についてください。
  2. それでは早速、狩猟を始めて下さい。
  3. 隊列は止まれ
  4. 川へさしかかりました。この川をはさんで銃器の受渡しを行ってください。
  5. この場所で休憩を行って下さい。
  6. 休憩を終わります。銃と弾を元の位置へ戻して下さい。

(受験生3名は所定の位置に横隊に整列)

□試験を終了します。

第3コースの攻略ポイント

  • 試験官の声かけに対して、正確に動作を行うこと。隣で間違える受験生もいる。惑わされないように注意
  • 猟友会主催の❝狩猟免許講習会❞に参加して習った実技試験の各コースの内容と、実際の実技試験の内容は同一である。講習会に参加することが合格の近道だが、費用が1万円かかる
  • 猟友会主催の❝狩猟免許講習会❞に参加しても、実際の実技試験で出来ずに落ちる人がいる。各コースで自分が練習できるのは1回程度なので、参加した場合は集中してやることを推奨
  • 第3コースでは、川をはさんでの銃器の受渡しが一番難しい。自分が3人のうちどこのポジションになってもスムーズに出来るよう、各ポジションをイメージして練習しよう
  • 実技練習に際しては、自宅では傘や掃除機の柄などを模造銃の代用品として使用して練習できる。実際に体を使い、掛け声も声を出して練習を行い、自分の体に覚えさせるのがおススメ
  • 当日は第3コースのみ、受験生3名でどのポジションをやるか相談して決めるようになっている。コミュ力が問われる。私は慣れている1番目をゲットした。ちなみに受験生3人はずっと一緒に実技試験の各試験会場をまわるので、自分以外の受験生の実力はそれとなく見極めておくのが吉

※以上は、東京都の場合の狩猟免許試験に関する主観です。他県はまた異なるところがありますのでご注意ください!


第3コースの1番と2番と3番の役割を、スキンヘッドのお兄さんと私の二人が、役回りを替えながら次々に進める。

模造銃も本当は3丁必要だが、1本しかないので、エアー銃(自身の片腕が銃代わり)も駆使して、脳内の想像力を拡張して2畳の空間に川を出現させる。

その川を渡り、次々に銃器を受け渡していくのだった。

川を渡った後は、休息時の銃の操作を行うくだりが最後である。

私「この場所で休息してください!」

ス「銃口内異常なし!」

―ス、自分の番号の札の横に、銃を開放したまま置く。

立ったままその場で休憩。

私「休憩を終わります!銃と弾を元の位置に戻して下さい!」

―ス、自分の銃を持つ。

銃と弾を台の上に置く。弾は1発づつ置く。

置き終わったら、所定の場所に戻って待機する。

私「試験を終了します。」

ス「ふ~っ」

やっと終わり、スキンヘッドのお兄さんの口から思わず吐息が漏れる。

やはり3人のパートを2人で行うのは無理があるようだ。

しかし、私はそこにもうひとりいることを見逃しはしなかった。

私「あの~。3コースってもう完璧に出来ますか?」

otoko「いやぁ、どうかな?」

私「ちょっとやってみてください」

otoko「んぇ?」

私「じゃあ、ちょっと試しに1番をやってみてください。スは2番、私が3番ね。銃と弾を持ち所定の位置についてください!」

―受験生3人はそれぞれ銃と弾を取りに行く。

弾は1発ずつ確認してポケットへ入れる。

銃を折ったまま所定の位置につく。

この後、まんまと3人でしっかりと隊列を組み、各コースの練習を滞りなく行ったのはいうまでもありません。

そして、それぞれが実技試験合格への自信をつけ、充実した休憩時間が終了したのでした。

お互いに連絡先を交換したので、その日の夜電話で実技試験終了後の手ごたえを聞きました。

スキンヘッドのお兄さんもotokoもバッチリできたそうです。

特に、スキンヘッドのお兄さんに至っては、他の受験生が自身の動作を真似してやっていたそうで、すごく誇らしくうれしかったそうです。

よかったよかった。

 

ではでは、いよいよお待ちかねの結果発表に移りたいと思います! 

4.の予想が新たに増えたけど、みんな、もう一度予想してくれたかな?

<予想>

  1. スキンヘッドのお兄さんにボコボコにされる
  2. スキンヘッドのお兄さんと恋に落ちる
  3. スキンヘッドのお兄さんと仲良く遊ぶ
  4. 第2の男と恋に落ちる

ダカダカダカダカッ(太鼓の音)

\(^o^)/結果発表しま~す!

正解は2と4です!!

にゃん吉は恋多い女。

ごめん。どうしてもひとりに絞れなかった‥‥。

二人ともいい男だもん!!

スキンヘッドのお兄さんのグッドポイント

  • 素直
  • ス=素
  • カワ(・∀・)イイ!!
  • 「鳥獣かるたやる?」って聞いたら、「そっちは俺完璧だからいいっス」って、清い!
  • 清いの好き!いいね!
  • 友だち少なそう

otokoのグッドポイント

  • オモシロがれる精神
  • 最初は遠慮するけど入り込むと集中力すごいとこ
  • シャイ
  • 私が「ここの手はこう!」って思わず手を掴んじゃった時のちょっと驚いた顔
  • 驚いた顔がカワ(・∀・)イイ!!
  • どこかいつも満ち足りてない様がセクスィー

まとめ

男はみんなカワ(・∀・)イイ!!

ゴーゴーにゃん吉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です